ものもらい(霰粒腫、麦粒腫)

sp_btn01.png

ものもらい(霰粒腫、麦粒腫)

目の病気としてよく知られる「ものもらい」は、まぶたにある脂腺などに細菌が感染して起こります。
ご存知の通り、まぶたが腫れ、目にも痛みやかゆみが出ます。進行すると膿がたまり、腫れた個所から膿が出てくることもあります。膿が出ると腫れはおさまりますが、無理に押し出すと炎症が広がってしまうこともあります。こすった場合も同様ですので、なるべくしないようにしましょう。

眼科では、点眼薬や内服薬など、抗菌薬を使って治療を行います。膿点がある場合は、切開して膿を出すこともあります。

 

 

岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る