充血(結膜下出血・翼状片)

sp_btn01.png

充血 【結膜下出血】

痛みやかゆみもないのに鏡を見たら目が赤くなっていた、という場合は白目を覆う「結膜」の下にある血管が破れているのかもしれません。
血液がたまっているため赤く充血して見えるのですが、この血が眼球そのものに害を及ぼしたり、視力を落とすといったことはありません。

そのため、多くのケースは心配のないものです。
しかし、全身疾患が原因で起きている場合もありますので、目にケガを負った、痛みやかゆみがある、繰り返し起きる、熱を持っているなどの症状があれば、眼科医院に相談してください。

充血 【翼状片】

本来は白目を覆っている「結膜」が、鼻側から三角形に黒目の上にまで入り込む病気が「翼状片」です。

充血したり異物感があったりしますが、見た目に異常が出るのですぐに気付けるでしょう。放っておくと、視力に悪影響を及ぼしたり、乱視になってしまったりします。病気が進んでしまうと、当院でも行っている手術をしなくてはなりません。

年配の方に多い病気で、紫外線が原因とも言われていますがハッキリとはしていません。

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る