VDT症候群

sp_btn01.png

VDT症候群

症状

  • 目の疲れ
  • 視力の低下
  • 目のかすみ
  • 目の痛み
  • 乾燥

VDT症候群とは

「VDT」とは「Visual Display Terminal」の略で、大雑把に言うとパソコンやスマートフォン、テレビ画面などの端末を指します。
「VDT症候群」は、長い時間それらを使い続けることに起因する病気で、現代病のひとつに数えられるでしょう。

症状は、目に限らず、肩こりや背中の痛み、手足のしびれなどのように体にも出ますし、イラついたり、鬱の状態に陥るといった心の健康にも影響を与えます。

目をいたわるオフィス対策

1適度な休憩

1時間置きに小休止をするように心掛けましょう。

2体操

長時間同じ体勢でいないように、折を見て体を動かしましょう。

3メガネ・コンタクト

眼鏡やコンタクトは自分の目に合った、適切なものを使用しましょう。

4ドライアイ・緑内障の方

作業のし過ぎで病状が悪くなることがあります。特に注意しましょう。

5早期受診

おかしいな、と思ったら、躊躇せずに眼科を受診しましょう。

お子様がいるご家庭へ

お子さんがテレビゲームをしたり、パソコンやスマートフォン、タブレットを使うことが当たり前の世の中になってきています。
しかし、そういった時間が度を超すと、目が疲れたり、肩がこったり、頭痛を起こしたりすることがあります。
お父さんお母さんがしっかりと管理してあげることで、お子さんの目を守ってあげてください。

子供の目を守るVDT対策

1長時間は禁物!

30分程度なら問題ないでしょう。長くても1時間程度で切り上げさせるようにしましょう。

2外で元気に遊びましょう!

屋外で遊ぶことで、目の負担を軽減できるほか、身体の緊張をほぐすことにもなります。

3食事はかたよらないように

バランスの取れた食事を出してあげ、なんでも食べるように指導しましょう。


岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る