糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症

sp_btn01.png

糖尿病網膜症

目の奥の方(眼底)にある網膜の血管が弱り、白斑やむくみ、浮腫が見られる病気です。この病気は、成人の失明理由として最も多いものです。

上記の症状のほか、異常な血管が作られたり、硝子体出血が起きたりもし、もっと進行して網膜剥離が起きると、光を失うリスクがあります。

厄介なことに、糖尿病網膜症は自覚症状と病気の進行具合が一致するとは限りません。よって、糖尿病を患っている患者さまは、目に異常を感じていなくても定期的な眼底検査を受けるようにしてください。

治療方法はレーザー治療や、硝子体の手術が挙げられます。

網膜静脈閉塞症

眼底出血の原因として一番多いのが、この「網膜静脈閉塞症」です。
網膜の静脈が血栓でふさがれ、血管が破裂してしまう病気です。

注射やレーザー治療、硝子体手術で問題解決を図りますが、状態によっては内服薬治療ですむ場合もあります。

網膜静脈分枝閉塞症

網膜を走る静脈の一部に血栓がつまることで、その血管の周囲に出血します。
どこで出血が起きるかで症状は変わりますが、出血した場所の視野に悪影響を及ぼすほか、「黄斑」と呼ばれる網膜の中心部に出血があると大きな視力障害を引き起こします。

網膜中心静脈閉塞症

網膜内の太い静脈が破れて出血した状態で、眼底全体に出血が広がります。その結果、突如として激しい視力障害が発生します。

時間の経過とともに、敗れた血管周辺で網膜の間に水がたまってしまう「網膜浮腫」が起こります。
また、新生血管が発生しますが、新しい血管はすぐに破れてしまい出血を繰り返します。それによって硝子体で出血が認められたり、血管新生緑内障という症状が起きてしまい、最悪の場合は失明してしまいます。

岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る