涙・乾き目

sp_btn01.png

なみだ 【鼻涙管閉塞症】

必要以上に涙が出てしまう状態を「流涙症(りゅうるいしょう)」といいます。
原因はいろいろありますが、そのひとつに「鼻涙管閉塞症」が挙げられます。

これは、目から鼻に向かう涙の通り道である「鼻涙管」がつまってしまう状態で、生まれて2~3カ月の赤ちゃんや年配の方に起きやすい病気です。
鼻涙管の流れが止まってしまうと、涙だけでなく目やにも多く出るようになります。

また、長い期間つまったままにしておくと、細菌が感染して「涙嚢炎」という炎症が起きてしまうこともあります。涙嚢炎にかかると、強めの抗生剤を使ったり、切開して膿を出すといった治療が必要になる場合もあります。

涙が止まらないような場合は、悪化する前に眼科を受診するようにしましょう。

ドライアイ 【乾き目】

「ドライアイ」は、本来は涙に包まれてツルツルしている目の表面が乱れ、違和感や痛み、乾燥、かすみといった症状が出ます。ドライアイに悩まされている日本人は、実に800万人もいると言われています。

老化や涙腺の疾患、点眼薬の影響などが原因に挙げられますが、それ以外に長時間にわたるパソコンの使用や、乾燥した環境にい続けることでもドライアイが起こりやすくなります。コンタクトレンズを使用している方や、レーシック手術を受けたばかりの方も要注意です。

目薬での治療がメインですが、改善が見られないときは「涙点プラグ」と呼ばれる涙道をふさぐ治療を行うこともあります。

岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る