生理的飛蚊症・網膜裂孔・網膜剥離

sp_btn01.png

生理的飛蚊症

眼球の内側には、硝子体というゼリー状の器官があります。
その硝子体を形作る繊維には、年齢を重ねるに連れて濁りが生じてしまうことがあります。
それが黒い点となって見えるのが「生理的飛蚊症」と呼ばれる症状で、60歳ぐらいの人のおよそ3割に現れます。

これ自体は特に心配いらないのですが、黒い点がどんどん増えたり、視力が急激に悪くなったりした場合は、出血や網膜剥離の可能性もありますので、すぐに眼科を受診してください。

網膜裂孔、網膜剥離

通常、硝子体は網膜と接しているのですが、高齢になるとゼリー状だった硝子体が液状に変化し、網膜からはがれてしまうことがあります。
この硝子体剥離が原因で網膜に穴が空いてしまうのが「網膜裂孔」、穴を中心に網膜がはがれてしまうのが「網膜剥離」と呼ばれる状態です。
最初のうちは「飛蚊症」と同じ症状ですが、放っておくと失明の危険性もあります。

網膜裂孔の場合はレーザーを使った通院治療、網膜剥離だと入院や手術まで必要になります。

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る