目やに・かゆみ

sp_btn01.png

目やに 【感染性結膜炎】 (はやり目、など)

突然、目やにがたくさん出るようになったら、それは病気のサインかもしれません。

白目やまぶたの裏側を覆う粘膜「結膜」に、細菌やウイルスが付いて起こす炎症を「感染性結膜炎」と呼びます。この病気にかかると、目が充血するほか、目やにが多く出るようになります。

感染性結膜炎の中でも注意したいのが、アデノウイルスが原因となる「流行性角結膜炎」です。これは「はやり目」とも呼ばれるものです。
簡単なウイルス検査で流行性角結膜炎かどうかは判断でき、普通の感染性結膜炎と同じように点眼薬を使って治療を進めます。
流行性角結膜炎は感染力が強いため、他人にウイルスをうつさないように気を付ける必要もあります。

目やにがあまりにも多く、急に出るようになったとしたら、眼科を受診することをおすすめします。

「流行性角結膜炎」を疑った場合は、アデノウイルスの有無を検出する簡単なウイルス検査をします。陽性の場合は、ほぼ間違いなく「流行性角結膜炎」といえるので、他の人にウイルス感染させない注意が必要です。目やにが急にでるようになったという場合は、まず受診してください。

かゆみ 【アレルギー性結膜炎】 (花粉症、など)

花粉症やアレルギー性結膜炎によって、目がかゆくなることがあります。

アレルギー性結膜炎の場合は、目薬を中心に治療を進めます。
花粉症による鼻水やくしゃみがあるケースでは、飲み薬や点鼻薬を使います。患者さまの体質によって薬を変えることもできますので、眼科医にご相談ください。


岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る