加齢黄斑変性

sp_btn01.png

加齢黄斑変性症とは、眼底の黄斑という所が、加齢に伴い変化することで起こる疾患で、高齢者の失明原因の一つです。
初期には、ゆがんで見えたり、見ようとするところが見えなくなったりします。 治療は、眼球に注射をうったり、飲み薬を使用したり、レーザー治療をしたりする事があります。

※ 当院では、加齢黄斑変性症に対する最新の治療である、抗VEGF薬の硝子体注射を行っています。 詳細は受診時にお尋ねください。

 

※ 加齢黄斑変性症に対して有用な検査であるOCTやFAG、また、最新の眼底自発蛍光検査も行っています。

 

※ 加齢黄斑変性に対するサプリメント「オキュバイト」を販売しています。

 

 

「オキュバイト」とは、米国の国立眼研究所が、加齢黄斑変性の患者を対象に、大規模な臨床試験を実施したところ、「抗酸化ビタミン」と「亜鉛」を摂取すると、加齢黄斑変性が進行するリスクが下がることが判明したため、効果的に「抗酸化ビタミン」と「亜鉛」を摂取することができるようにしたサプリメントです。当院で取り扱っておりますので、受診時にお気軽におたずねください。

加齢黄斑変性症は、脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で「滲出型」と「萎縮型」に分類されます。

加齢黄斑変性の2つのタイプ

眼底の黄斑という所が、加齢に伴い変化することで起こる疾患で、高齢者の失明原因の一つ。脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無によって「滲出型」と「萎縮型」に分類されます。

 

脈絡膜新生血管は、網膜に栄養を送るための脈絡膜から、ブルッフ膜を通って、網膜色素上皮細胞の上下にのびている新しい血管です。これの血管は正常な血管ではないため、血液の成分が漏れやすく、破れて出血を起こしやすい血管です。

滲出型  加齢黄斑変性

脈絡膜新生血管により、急激な視力低下や中心暗点(見えているものの中心がかけて見えない事)を起こすことがあり、病状が進行するとかなり視力が低下することがあります。抗VEGF薬の硝子体注射の適応になることがあります。

萎縮型  加齢黄斑変性

網膜色素上皮細胞が萎縮するなど、病状の進行は比較的緩やかです。しかし新生血管が発生する事もあるので、定期的に眼底検査、蛍光眼底検査を行い、経過を見る必要があります。

岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る