仮性近視

sp_btn01.png

仮性近視(調節緊張)

目の中には、見たものにピントを合わせてくれる「毛様体筋」という筋肉があります。この筋肉が緊張して縮むと近くに、ゆるむと遠くにピントが合います。
しかし、近くのものをジーっと長い時間見続けると、緊張した毛様体筋が元に戻らなくなってしまうことがあります。ちょうど肩がこってしまったときのようなイメージです。

この状態を「仮性近視(調節緊張)」と呼び、小さなお子さんの近視の原因になっているケースもあります。この状態が長い期間続くと元に戻りにくくなりますので、お父さんお母さんは注意して見守ってあげてください。

治療法

1生活指導

普段の生活の中で、気を付けるべき点をお話しします。

  • 外に出て、遠くの景色を眺める機会を作る
  • 暗い場所での読書や書き物はしないようにする
  • テレビを見るときは、テレビから離れる
  • ゲームをするときは、30分に一度休憩をはさむ

などの指導をします。

2目薬による治療

緊張した「毛様体筋」をほぐすための点眼薬を使用します。
30分ほどで効果が現れ、3~4時間ほど持続します。毎晩、就寝前に点眼し、症状を改善していきます。

3ワックによる望遠訓練 (※無料)

ワックは、遠くや近くを見ることで目の疲れや緊張をやわらげる装置です。眼精疲労や初期の老眼の患者さまにも使われるものです。
このワックを5分程度使用し、固まってしまった毛様体筋をほぐすという治療です。

上記のような治療を受けても近視が進んでしまう場合は、眼鏡の使用を検討していきます。


岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る