小児眼科外来(弱視・斜視)

sp_btn01.png

小児眼科外来

「視能訓練士」という国家資格を持ったスタッフが担当します。
このページに書かれた病気・症状以外でも、お子さんの眼科に関することはお気軽にご相談ください。

弱視

視力が悪い人は多くいますが、たいていの場合は眼鏡やコンタクトレンズで矯正が可能です。しかし、そういった器具を使っても視力を回復できないのが「弱視」です。
視力が十分に伸びてこない状態で、斜視や極度の近視・遠視・乱視が原因となるほか、眼帯などで長い時間目隠しをしていた場合などにも起きることがあります。

3歳児検診・就学時検診は大切です

弱視の症状は、大人であっても意外と気付かないものです。ましてや小さなお子さんとなると、親御さんに「なんだか目がおかしい」と訴えることは難しいでしょう。

視力は、生まれて2カ月から4カ月くらいで一気に伸び始め、8歳くらいでほぼ発達が完了します。ですから、弱視の場合はなるべく早く治療をスタートすることが肝要です。
3歳児検診や就学時健診などの機会を活用し、気になる結果であればすぐに眼科の診察を受けてください。

早期発見、早期治療が大切

弱視であると判明した場合、一番にすることは原因の特定です。
強度の近視・遠視・乱視による「屈折性弱視」なのか、斜視による「斜視弱視」なのか。あるいは、左右の近視・遠視・乱視の差に由来する「不同視弱視」や、先天的白内障や眼瞼下垂、眼帯の長期使用による「形態覚遮断弱視」の可能性はどうか、などと検査を通じて問題点を把握していきます。

具体的な治療の主な方針としては、「両目でしっかり見る環境を作る」ということが挙げられます。
例えば、近視・遠視・乱視が原因であれば、調節麻痺剤を点眼し目に力を入れ過ぎない状態にした上で眼鏡を作成します。
また、左右の視力差が大きい場合などは、よく見える方の目を隠して、あえて問題を抱えている方の目で見る練習をすることもあります。

斜視があるケースでは、プリズム眼鏡を使ったり、手術をしたりして、目を正しい位置に動かす必要があります。

その他、小児の眼科に関することは、どのようなことでもおたずね下さい。

斜視

「斜視」は、片方の目が本来向くべき方向とは違う方を向いている状態です。
内側を向く「内斜視」、外側を向く「外斜視」、上を向く「上斜視」、下を向く「下斜視」などがあります。

目の向く方向だけでなく、状態によってもさまざまな種類に分けられます。
常に斜視の状態になっている「恒常性斜視」や、時おり斜視になる「間欠性斜視」にも分けられますし、斜視になる目がいつも同じである「片目斜視」もあれば、左右の目が順に斜視となる「交代斜視」もあります。

原因は一概には言えませんが、代表的なのは、目を動かす筋力のバランスが崩れて起きるというものです。目には、「外眼筋」という筋肉が6本ついているのですが、それぞれが一定の力を保つことができないと斜視になってしまうのです。

ただし、それ以外にも強度の遠視によって目にギュッと力を入れて見る癖が原因で「屈折性調節性内斜視」という内斜視になることもありますし、糖尿病などの病気や、ケガが元で斜視になる「麻痺性斜視」のケースもあるなど、その原因はさまざまです。

斜視の治療  

斜視の治療方法は、その原因によって変わります。
遠視が元になる「調節性内斜視」のように、屈折の仕方に問題があれば、眼鏡やコンタクトレンズを使っての矯正が可能です。プリズム眼鏡と呼ばれる特殊な眼鏡を使用する場合もあります。

外眼筋を移動して筋力のバランスを取るために手術を行うケースも存在します。
その場合、3~6カ月以上斜視の大きな変化が起きていないか、両目で見る視力はどのくらいかなどをしっかりと検査し、万全を期します。
ただし、一度の手術では完全に治らない、数年後にまた斜視の症状が出てしまう、ものが二重に見えてしまうといったことが起きる可能性もあります。

大人の患者さまであれば局所麻酔で行う手術ですが、お子さんは全身に麻酔をかけて行うことがほとんどです。

岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る