緑内障

sp_btn01.png

緑内障とは

緑内障は、眼圧が上がってしまうなどの原因で視神経が上手く機能できなくなり、視野がせばまってしまう病気です。

症状

緑内障には慢性のものと急性のものがあり、それぞれ異なった症状が現れます。

慢性緑内障では視神経への問題もゆっくり起き、視野狭窄も徐々に進んでいくため、異常を自覚しにくいという特徴があります。
眼圧の上昇や視神経乳頭陥凹拡大といった緑内障の症状が、検診の眼底検査で見つかり病気が発覚するケースも少なくありません。
慢性緑内障だとわかった場合は、眼圧や視野、視神経の管理を続けていかなければいけませんので、定期的に眼科を受診するのが賢明でしょう。

急性緑内障の場合は急激に眼圧が高まりますので、目の痛みや頭痛、吐き気といった明らかな症状が出るケースがあります。これは、目を満たしていて、眼圧にも影響を与える「房水」の流れが悪くなることに起因します。
視神経への影響も急速に起こりますので、この場合は早急にレーザー治療などを行います。

房水と眼圧

眼圧とは目の形を保つための力で、時間や時期によって小さな変化はあるものの、おおよそ一定です。

この眼圧を生みだすのが「房水」と呼ばれる体液です。
毛様体というところで作られ、シュレム管というところから出てくるこの房水は、血液に成り代わって栄養などを運んでくれてもいます。

緑内障の治療

慢性であれ急性であれ、緑内障を治療するに当たっては、眼圧を下げることが基本となります。そのために行われる治療が、以下のようなものです。

薬物療法

眼圧を下げる効果のある薬を使う治療法です。
点眼薬、内服薬、点滴などを使用し、房水の作られる量を減らしたり、流れを良くすることで眼圧を調整します。

慢性緑内障の場合は目薬からスタートし、様子を見ながら目薬の種類を増やしたり、変更したりします。効果が得られないときは、飲み薬を併用するケースもあります。

急性緑内障では、目薬や点滴を使用して房水が上手く流れるようにし、その後でレーザー治療や手術をします。

レーザー治療

慢性緑内障のレーザー治療では、房水の通り道の一部である「繊維柱帯」という場所にレーザーを当てます。これにより、房水が流れやすい環境になります。
なお、当院では「選択的レーザー繊維柱帯形成術(SLT)」という、合併症のリスクの少ない方法を採用しています。

急性緑内障の場合は、「レーザー虹彩光凝固術(LI)」というレーザー治療を行います。
瞳孔の周りにある虹彩という部分に穴を開け、房水の通り道を作ります。痛みなどもなく、日帰りで行える治療です。

手術

緑内障の手術も、ほかの治療と同様に眼圧を下げることを目的としています。

「繊維柱帯切除術(トラベクレクトミー)」は、目の一番外側にある強膜を切開して房水の流れを良くする手術で、もうひとつの「繊維柱帯切開術(トラベクロトミー)」は、房水の流れる範囲を広げるための手術です。

どちらの手術にしても、併せて白内障を患っている患者さまの場合は、同時手術を行うケースがあります。

岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る