近視・遠視・乱視

sp_btn01.png

近視 

近くは問題なく見えるのに、遠くが見えにくいというのが近視です。
メカニズムを説明すると、本来は網膜でピントの合うはずの遠くから入って来る光が、それよりも手前で焦点を合わせてしまうために、ぼやけて見えるのです。

その中でも、眼鏡をかけたりコンタクトレンズを使うことで視力を矯正できる、ごく一般に「目が悪い」と言われるものは「単純近視」と呼ばれます。
凹レンズであるメガやコンタクトを使うことで屈折力を弱め、正しい位置でピントが合うように矯正できます。

一方、「眼軸長(眼球の奥行き)」が長すぎるために同じような症状が出ることもあります。これを「病的近視」と言います。
こちらは、場合によっては、眼鏡などを使っても視力を上げることができなこともあります。
ですから、眼鏡をかけても見にくい状態が続くようであれば、眼底検査を受けましょう。目の奥にある網膜や脈絡膜に委縮などが見つかるかもしれません。

※近視進行抑制に効果があるとされている低濃度アトロピン点眼薬の処方もしています。


→仮性乱視については、こちらへ

遠視とは

遠視とは、近く、遠くを問わずピントが上手く合わない状態を指します。
よく、遠くが見えやすい状態が遠視だと思っている方がいますが、そうではありません。
網膜の手前でピントが合ってしまう近視とは逆で、網膜よりも後ろでピントが合うのが遠視ですので、近くても遠くても、常に調節をしようと目を酷使してしまうことになります。そのため、眼精疲労をともなうケースが増えてしまうのです。

もし、お子さんに強い遠視があるようでしたら、ご注意ください。
遠視が強いと、目の筋肉による調節がし切れず、視力の発達に悪影響を及ぼすことがあります。弱視の一因にもなります。
実は、お子さんの調節力は強いので、屈折度数を検査する際には、調節力を麻痺させる散瞳薬を使用します。

遠視と老眼の違い

遠視は、ピントが網膜よりも奥で合ってしまう屈折異常です。対して、老眼は加齢によって調節が上手くできない状態を指し、近くを見るときに起きる問題です。

遠視の場合(屈折異常)

1水晶体の屈折率が弱かったり、眼軸が短いことで、網膜よりも奥でピントが合ってしまいます

2近く・遠くを問わず、正しく見るためには調節をする必要があります

老眼の場合(調節異常)

加齢によって水晶体の弾力が下がり、近くを見るときにピントが合いません。
最近では遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズも出ていますので、老眼の症状を感じるようになったら、眼科医にご相談ください。

乱視

乱視も、近視や遠視と同じように屈折の異常で起きる症状です。
しかし、その仕組みが違います。近視であれ、遠視であれ、角膜はきれいな球面なのですが、乱視の場合はそれが楕円体になってしまっています。
つまり、縦と横でカーブの仕方が違うため、光がピントを合わせる位置がズレてしまいます。そのために、ぼやけて見えてしまうというわけです。
必死に調節をしようとするので、目そのものが疲れやすくなってしまう弊害もあります。
眼科では、乱視用の眼鏡やコンタクトレンズを使うことで、状況を改善します。


岐阜県大垣市御殿町1-57

ご意見お聞かせください sp_btn01.png 求人情報
HOMEへ戻る